blog

ブログ

New

【海外ペット事情】ベトナムでペットを飼った場合のお話

07/12/2021 99 Views

 

 

 

 

 

 

Xin chào các bạn!皆さんこんにちは!

AgeCode Makoです。

 

 

 

 

* ライター紹介 *
 Mako
ホーチミン在住歴2年目。
学生時代はバックパックを背負い、世界各国を旅行。
今注目の経済成長真っ最中ベトナム ホーチミンの情報をお届けします!

 

 

 

 

 

現在、私ベトナムで猫を飼っております(^_^)☆

 

 

子猫なので大変なこともあったりしますが、本当に癒しです。

毎日「なんでそんなに可愛いの?」って語りかけちゃってなんて親バカなのでしょう。

 

 

 

今回はベトナムでペットを飼おうか悩んでいる方の参考になればと

ベトナムでペットを飼うにあたってかかる費用や情報をお届けしたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

愛しの家族を見つける方法

 

 

 

ペットを飼うにあたって様々なきっかけがあるかと思います。

愛しの家族となるペットをベトナムで見つけるいくつかの方法を挙げたいと思います。

 

1.ペットショップに行って飼う
2.路上ペットショップで飼う
3.友人から譲り受ける
4.里親を探している団体、人から譲り受ける
5.捨てられている子を拾う

 

などがあります。

 

 

1.ペットショップに行って飼う

ベトナムにも日本のようなペットショップがちらほらあり、

まぁまぁ良いお値段します(笑)

ですが綺麗なお店の中にいる動物とはいえ、

飼育環境やワクチンなどどの程度までしてくれているかは謎です・・・。

ペットショップにいながら元気のない子も見てきたので

高いお金を出して飼うってなる場合まだ不安は残ります。

ペットショップの人に直接確認したり、証明する書類を見せてもらったりするのが安心です。

 

2.路上ペットショップで飼う

こちらの記事でも書いています。

私がベトナムに来てすぐ教えてもらった場所です。

が、記事の写真通りあまりオススメできません。

環境がとにかくひどいです。ですが安いです。

だからこそ助けてあげたいと思ってしまうのですが(;_;)!!

 

3.友人から譲り受ける

ベトナム人の友人やスタッフから聞く限り、

できればこの方法が安心且つ良さそうです。

人間同士の信頼関係ってあるじゃないですか?この人の家の猫なら大丈夫だろうって。

「子猫が生まれたから引き取ってくれないか」は飼うことを考えていたのであれば良い機会ですね。

ワクチン接種などはもちろん自己負担にはなります。

 

4.里親を探している団体、人から譲り受ける

ベトナム ホーチミンではこのボランティア団体が有名なのではないかと。

[ ARC ]

犬や猫の里親を探しており、ワクチン接種や去勢手術なども全て行なってくれるようです。

しっかりした団体なのでペットを引き取る際は契約書、誓約書の提出が必要になってきます。

猫の場合700,000vnd(約3500円)で引き取ることができ、

何度も動物病院に行ってお金を払う必要もないようです。

 

5.捨てられていた子を拾う

日本でもベトナムでもよくあるパターンですね。

野良猫や捨て猫を拾うパターンです。

私の場合はほぼこれに近く、雨の中捨てられていた猫をベトナム人の方が拾い、その後引き取りました。

この場合や動物病院にしばらく通う必要があったり、かかる費用全て自費になります。

 

 

 

 

 

動物病院はどこへ?

 

 

 

新しい家族を出迎えたあと、考えるのはどこの病院に連れて行けばいいか。

 

ホーチミンには日系動物病院インターナショナル動物病院ローカル動物病院があります。

費用の面ですが、やはり日系動物病院とインターナショナル動物病院はやや高め。

ですが、思っていたよりは高くないですね。

ローカル病院の場合、初診料(約2500円)や診療代がないところが多くその分安いといった印象。

 

私には猫を飼っているベトナム人の知り合いがいるため

ときどきその方と一緒にローカル動物病院へ行ったりしています。

 

 

病院の当たり外れもありますが、私の行っているところは気になる問題は全くなく、

診療代不要、ワクチンや治療費も安いので助かります。

 

ちなみに私は過去にインターナショナルの動物病院で1匹子猫亡くしています。

毎週病院に通っていたのですが、どうやら病気に気づかなかったとのこと。

お医者さんはどこもベトナム人だったりするので、

医療技術の差があるというよりは英語が通じるか通じないかといった感じでしょうか。

(動物の医療技術は日本などに比べたら低いとは聞いたことがあります。)

 

 

 

 

 

ベトナム動物病院での流れ

 

 

私の愛猫ちゃんは生後約3ヶ月くらいの時に引き取りました。

拾った方からは「まだ病院に連れて行っていない」とのことで早速病院へ。

うちに来て早2ヶ月目になりますが、これまでほぼ毎週動物病院へ行っています。

 

初診:新しい家に来てすぐなので、とりあえず今の環境に慣れさせて。外に出さない。

お腹を壊すため、餌はしばらく同じものを。

シャワーもしたいと思うが、子猫の場合シャワーもしばらくは我慢してとのこと。

 

2回目:シャンプーして病院へ。

虫下し(すみません費用忘れました・・・安いです。)と寄生虫の飲み薬(約250円)。

ウンチに虫がたくさんいたら2回目も必要。寄生虫のお薬は子猫の間は毎月やる。

 

3回目:1回目ワクチン(約2000円)

 

4回目:マイクロチップ挿入(約7000-8000円)/2回目ワクチン(約2000円)

ベトナムから「何処かの国へ行く、帰国するかもしれない」ことも考え、マイクロチップを挿入しました。

日本よりかなり安くできるとの噂でしたがそこまで安くはないかな?という印象。

病院ごとに値段も違いますね・・・

(4つの病院調査上、5000〜10000円でそれぞればらつきある感じでした)

ワクチン接種はあとは来年に1回すればOKとのことでした。

 

5回目:1回目狂犬病予防の注射(約500円)/寄生虫の飲み薬(約250円)

 

6回目:2回目狂犬病予防の注射(約500円)/寄生虫の飲み薬(約250円)

 

*日本へ一緒に帰国などを考えている方は必ずマイクロチップ挿入後に

狂犬病の注射をしてください。

 

今後の予想 —————

特に大きな病気にもならなければ・・・

7回目:去勢手術

8回目:ラストワクチン

———- だと思っています。

 

一度にたくさんの注射や薬をしてしまうとペットの体力も心配なので少しずつ行なっていきます。

*なので毎回診療代がかからない病院は助かる・・・・

 

 

 

 

 

 

ペットにかかる費用

 

 

 

動物病院のところで医療費は記載していますが

ペットにかかる費用は日本に比べてだいぶ安いです。

だいたい日本の1/2と思っていただいてOKです!それより安い気もしますが。

 

病院代がとにかく日本に比べて安いなと感じますが

ペットのおもちゃやトイレももちろん安いです。

 

このバナナベッドは約800円ほど。

 

 

 

このおもちゃも約800円ほど。

 

 

これなんて300円とか??

楽天で同じものありましたが私の購入した価格の5〜7倍もしてました(笑)

 

小さいボールや猫じゃらしのおもちゃなんかは100円〜200円程度で買えます^^

あとは店頭で買うよりオンラインショップで購入する方が安いです。

 

餌なんかは

ROYALCANIN 2kgが約2000円で日本の1/2程度です。

 

 

 

 

はい!いかがでしたでしょうか。

ペットを飼おうか悩んでいる方の少しでも参考になればと思います。

 

 

 

かかる費用は安いものの、

いつ日本に帰国するかわからないし・・・

この先どうなるかわからないし・・・

という方がほとんどかと思います。

 

きちんと後先考え、責任を持って

一緒にベトナム生活を過ごせたらいいですよね\( ˆoˆ )/

 

 

また新しいペット情報など入ればここに追加していこうかな?

 

 

 

 

ベトナム ホーチミンで転職をお考えの方
ホーチミンで人材にお困りの企業様
AgeCodeにお任せください!

 

 

 

 

 

 

AgeCode Mako